HOME > スタッフ分布図 > 中国 四川省
事務所イメージ

スタッフ分布図 > 中国 四川省

                  ♥画像をクリックしたら、 スタッフの自己紹介ページが表示されます。
                  ♥平日の昼間に対応可能なスタッ フの画像には、太い枠線が付けられています。
 中国語 中国 四川省ご当地リンク集風景写真集

   icon 成都市
Mizuki-0425
Mizuki-0425(21)
Vera-1031
Vera-1031(21)
Vicki-0428
Vicki-0428(21)
Beth-0628
Beth-0628(21)
Ice-1216
Ice-1216(22)
Kiki-0105
Kiki-0105(23)
Nina-0523
Nina-0523(23)
Ava-0415
Ava-0415(23)
Tina-0311
Tina-0311(23)
Yuri-1224
Yuri-1224(23)
Maya-0823
Maya-0823(24)
Wendy-1018
Wendy-1018(24)
Anne-1117
Anne-1117(25)
Jun-0212
Jun-0212(31)
Metro-0530
Metro-0530(22)
Moki-0721
Moki-0721(22)

   icon 綿陽市                                                                                      ▲上へ戻る
Lily-1220
Lily-1220(22)


   icon ご当地リンク集                                                                          ▲上へ戻る
先頭の旗は、サイトの使用言語、内容区分、又は所属を意味しています。

四川省人民政府 四川省人民政府    四川省政府の公式サイト
四川省の地図 四川省の地図    四川省の地図
四川省の天気 四川省の天気    中国天気網-四川省の天気予報
四川省旅游局 四川省旅游局    四川省の観光情報サイト
成都旅游政務局 成都旅游政務局    成都市の観光情報サイト
丁丁網(成都站) 丁丁網(成都站)    成都の生活情報サイト   丁丁網icon


   icon 風景写真集                                                                               ▲上へ戻る
金沙遺跡1 金沙遺跡2
【金沙遺跡】 金沙遺跡は、2001年2月8日、成都市西郊の住宅開発に伴う下水道工事中に発見されました。 21世紀最初の中国における考古学的大発見でした。その後の発掘調査により、基本確認部分でも5平方キロに及ぶ大型遺跡です。ここからは金器200余点・青銅器1200余点・玉器2000余点・石器1000余点・漆木器10余点の5000点あまりと、陶器数万点・象牙1トン・動物骨片数千点が発掘されました。調査により、これはおよそ紀元前1200〜500年(殷後期〜春秋)のもので、2006年に中国重要文化財に指定されました。三星堆遺跡と並び、四川省における古蜀文化を体現する遺跡です。 2005年4月、金沙遺跡と出土文物の保護、研究、展示をするテーマとする金沙遺跡博物館が建設されました。博物館の敷地面積は30万u・延総建築面積は3.5万uで、遺迹館・陳列館・文物保護中心の主要な三つの建物からなっています。 出土品には、わずか直径20cmの太陽神鳥金箔に代表される金器や四節玉に代表される玉器に逸品が展示され、青銅人頭像に特徴がある三星堆遺跡とはまた異にした特徴を持っています。現在、三星堆博物館にも匹敵する、成都市の新観光名所になりました。 写真提供者:Tina-0311
                                                                                                       ▲上へ戻る
都江堰1 都江堰2
【都江堰】 都江堰(とこうえん)は、成都の西58kmに位置し、都江堰市に属します。成都から車で約1時間半です。 『岷江』という川が、この周辺を流れていますが、昔は岷江の本流がよく氾濫しました。紀元前256年、当時の蜀郡の太守『李氷』とその息子は、管轄している都江堰水利工事を着工させました。この工事の基盤となる支流は『魚嘴 (ユゥ・ツィ)』、『宝瓶口(パオ・ビン・コウ)』、そして『飛沙堰(フェイ・シャァ・イェン)』です。 『魚嘴』は岷江を二つに分けています。そのうち「外江」は岷江の本流で、洪水時に土砂混じりの激流がここを流れます。一方、「内江」は灌漑時に引水します。『宝瓶口』は河の水量を調節し、船の航行と灌漑に役立っています。また、「飛沙堰」は内江の過剰な水と土砂を外江に放流する役割があります。 名勝旧跡も少なくありません、494年に建立された李氷親子を称えた寺の境内では、二王廟入り口の高い楼閣から都江堰の全景を見下ろすことができます。 そして、宋の時代に造られた『安蘭吊橋』は、全長500メートルで、昔は竹で東岸と魚嘴とを結びつけましたが、明の時代に戦火で焼かれてしまいました。現在は修復され鉄筋製になっています。 都江堰は、2200年余りの時を経た今日でも、成都の治水、灌漑、産業用航路の機能を兼ね備えた中国古代の水利プロジェクトの賜物として役立っています。中国水利史上のみならず、世界の水利史上においても、自然を破壊することなく、自然を利用した潅漑事業の模範となっています。
写真提供者:Tina-0311
                                                                                                       ▲上へ戻る
薬王谷1 薬王谷2
【薬王谷】 薬王谷は中国で初めて漢方薬養生をテーマとした4A観光地。中国でただ一つのチャン族自治県(綿陽市北川)に位置する。高さ1400〜1600メートルのところで、7000ムー以上の森林があり、60種類以上の花が3月から11月まで次々と咲いて、高山清涼花海という名誉がある。そこで、四川省で、ひいてはアジアで一番大きな鍾乳洞がある一方、300ムーの芝生、3000平方メートルの石林が造られた。一番険しい山頂で、20メートルほどの薬剤師の白い塑像が作られて観光客が参拝できる。のんびりしていて、休暇を過ごしたいなら、薬王谷は絶対逃されないところ。 写真提供者:Lily-1220
                                                                                                       ▲上へ戻る
李白の故郷1 李白の故郷2
【李白の故郷】 「李白の故郷」唐代の有名な詩人としての李白の故郷は綿陽の江油です。そこで、特別な建物もあるし、李白さんの文学の息吹も十分に感じられるし、青蓮古鎮でいろいろ美味しい食べ物もあるし、おすすめの観光地です。 写真提供者:Lily-1220

                                                                                                       ▲上へ戻る